Selfie as Dance (2020)

 The dancer has a small camera in his hand, dancing to only the lens. The image is projected to the wall behind him in real-time. You simultaneously watch his living body that dances ignoring you, and the body on the wall that dances only to you. The performance was recorded and released as a video installation.

 “Shooting” or generally “expressing” is dancing the relative motion between a sensor and the object. On “selfie” where both of them are under the control of one body, we literally danced.

ダンサーは小さなカメラを手に持ちそれだけに向かってダンスをし、

カメラの映像はダンサーの背後の壁にリアルタイムに投影される。
観客は、自分たちを無視して踊る生身の身体と、反対に自分のみに向けてダンスをするスクリーンの身体を同時に鑑賞する。
撮影する、あるいは表現するという行為はしばしば、[あるセンサー]と[その対象]の相対運動をダンスすることである。

その両者がある一つの身体の支配下に置かれる自撮りにおいて、私たちは文字通りダンスした。

(Goki Muramoto,  Dancer : Kaishiro Yamada,Runa Miura / Cinematographer : Kai Fukubayashi / Assistant D : Tomoya Takeda)

Supported by 東京藝術大学I LOVE YOU Project

Exhibitions

2020 Selfie as Dance (Gallelry CLASS, Tokyo, Japan )

 © 2020 by Goki Muramoto. 

  • Twitterの - 灰色の円
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon